健康カレンダー


105] 2021/ 1/ 4(Mon) 18:27:18

(月刊かみいな健康カレンダー 2021年 1 月号掲載)

「手洗いと手荒れ」

新型コロナウイルス感染の拡大とともに手を洗う機会が大変増えていると思います。何度も手を洗っていると皮膚が乾燥し、痒みを感じ、赤くなり、割れるなどしてくることがあります。このような状態は刺激性接触性皮膚炎と考えられます。ウエットワークの多い女性や理美容、保健福祉、調理に携わる人に多い病気です。さらに若年者やアトピーの既往のある方は罹患しやすい傾向があります。手洗いの習慣化とともに症状が出ている人も少なからずいるのではないでしょうか。この病気は寒く乾燥する冬に多くなります。石鹸などにより皮脂層が薄くなることで皮膚バリア機能が低下し、さらに繰り返す物理的、化学的刺激により角質層が障害されることが原因と考えられます。皮膚の常在菌叢が壊れ有害な菌が増えてしまうこともあります。この疾患の予防や治療のためには日常生活で以下のことに気をつけることが必要です。,覆襪戮刺激物質を含まない石鹸を使う。∪亳瓦納蠅鮴った後は皮膚が乾燥してしまう前に保湿成分の入ったハンドクリームを塗る。Iずしも手洗いとアルコール手脂消毒を併用する必要はなく、トイレの後や見た目で皮膚が明らかに汚れている時以外は主に保湿成分入りのアルコール手脂消毒剤を使うようにする。だ亳瓦砲茲觴蠕いやアルコール手脂消毒をした後、手が乾かないうちに手袋をしないなどです。
尚、治りが悪い場合は化学物質によるアレルギーやアトピー、白癬症、その他の病気も考えられますので医療機関を受診して下さい。(N.S.)


最新を読む前を読む