健康カレンダー


53] 2016/ 9/ 1(Thu) 10:57:59

(月刊かみいな健康カレンダー 2016年9月号掲載)

「熊本地震とインフルエンザワクチンについて」

先月号に続き予防接種の話題が連続して恐縮です。やや気が早いですが今シーズンのインフルエンザワクチンの供給状況についてお知らせします。本年4月の熊本地震でワクチンメーカーの工場が被災、操業停止になりました。現在は再稼働をしていますが影響を最小限にするために他のメーカーも併せて今シーズンは0.5ml入りのワクチンは作らず全て1ml入りの製造に集中させることになりました。実際の接種量ですが3歳未満では0.25ml、それ以上の年齢では0.5mlなので、1本で3歳未満の方で4回分、それ以上の年齢の方で2回分になります。ただしワクチンは開封後速やかに使用する必要があり1mlでは使い切れずに破棄する分が増える心配があります。また、例年ですと公費対象の65歳以上の方専用に0.5mlのワクチンが用意され1人で1本のワクチンを使い切ることができましたが、今シーズンの対応はまだ明確になっておりません(7月下旬現在)。厚生労働省は6月7日の報道発表でワクチンは従来通りの量を確保できるとしておりますが、あくまで総製造量での見込みであり1mlのワクチンを使用することでロスがどのくらい生じるのかは不透明です。医療機関によって対応が変わるかと思いますが、ワクチンの有効利用の面から公費対象の高齢者の方も含め今シーズンは事前の予約を徹底していただき、体調の変化や都合が悪くなった場合はキャンセルもしくは接種日の変更を早めにご連絡していただくようくれぐれもお願いいたします。(K.K)


次を読む [最新を読む前を読む