健康カレンダー


62] 2017/ 6/ 1(Thu) 13:04:23

(月刊かみいな健康カレンダー 2017年6月号掲載)

「ストレートネックというけれど」

最近テレビや雑誌で見聞きすることが多くなったストレートネック。首の正常な弯曲がなくなりまっすぐになった状態のことです。頭痛、肩こり、首の痛みの原因といわれます。原因は様々で、加齢、事務仕事、ケガの他、過度な姿勢矯正が必要なダンス、バレエの方でも目にします。最近では、長時間のスマホ操作によるストレートネックが増えています。うつむいた姿勢だと首がまっすぐになってしまうからです。正常のカーブではない首で5キロもある頭を支えるのは、周りの筋肉に大きな負担になりますし、歩行時の足からの衝撃が頭部にじかに伝わって痛みの原因になります。
治療としては、痛み止めや湿布、首の牽引、注射によることが多いと思います。つらいのでこれらの方法で症状を和らげるのは悪いことではありません。しかし、それで首のカーブが正常に戻るわけではないですし、そもそもストレートネックでも何の症状もない方もたくさんいらっしゃいます。ストレートネックなどとレッテルを貼られたことを気にしてはいけません。症状を改善するには、過度に長時間のスマホ操作を避けることはもちろん、首周囲の血流が増加するように適度な運動、硬くなりがちな首の後ろの筋肉のストレッチ、自然なカーブに近づけるような訓練、十分な睡眠が必要です。最後にストレートネックが見つかったからといってなんでもそのせいではありません。他に原因が隠れていることもあるということを覚えておいて下さい。(R.A)


次を読む [最新を読む前を読む