【2017.4.1  上伊那医師会作成】

学校健診での成長曲線の活用

平成26年4月に公布された「学校保健安全法施行規則の一部を改正する省令」によって、平成29年度から児童生徒等の健康診断に際して、子どもたちの発育を評価する目的で、身長・体重成長曲線を積極的に活用するようにとなりました。成長曲線を活用した発育の評価は、小・中学校に在籍している児童生徒全員を対象に行います。(高等学校及び特別支援学校においては、個別の指導や相談に活用して下さい。)

成長曲線をグラフ化していくことで、従来の横断的評価のみでなく、縦断的評価を加えることになり、従来見逃されてきた児童生徒の成長に係わる課題や疾病を検出できることが期待されます。

図1 成長曲線基準と肥満度曲線基準図(*1)

1.~9.群の自動検索条件

  1. 身長の最新値が97パーセンタイル以上(統計学的な高身長)
  2. 過去の身長Zスコアの最小値に比べて最新値が1Zスコア以上大きい
  3. 身長の最新値が3パーセンタイル以下(統計学的低身長)
  4. 過去の身長のZスコアの最大値に比べて最新値が1Zスコア以上小さい
  5. 身長の最新値が-2.5Zスコア以下(極端な低身長)
  6. 肥満度の最新値が20%以上(肥満)
  7. 過去の肥満度の最小値に比べて20%以上大きい(進行性肥満)
  8. 肥満度の最新値が-20%以下(やせ)
  9. 過去の肥満度の最大値に比べて最新値が20%以上小さい(進行性やせ)

*太字で示した2、4、5、7、9が重要

<実施の手順>

1.成長曲線作成と、判定してもらう児童生徒の選別

2.内科健診時の学校医による判定

3.要医療判定者への受診勧奨

◆上伊那医師会「成長曲線小委員会」について

(*3)成長曲線グラフに添付する児童生徒の身体健康状況情報

    (学校で把握している範囲で良い)

図2 症例



【上記成長曲線の疾患名】

進行性肥満思春期やせ
思春期早発症後天性甲状腺機能低下症

● 資料

成長曲線小委員会依頼書H29.4.1版(*2)

こちらから、PDFファイルをダウンロードしてください

受診勧奨様式H29.4.1版(*4)

こちらから、PDFファイルをダウンロードしてください

【2017.4.1  上伊那医師会作成】