耳鼻咽喉科疾患の解説

目次

耳の解剖

 外耳道(耳の穴)の突き当たりに鼓膜があり、音は鼓膜を振動させ、鼓膜にくっついた耳小骨、更に蝸牛へと伝わり、内耳神経(聴神経)により脳へ信号が伝わります。鼓膜の奥には鼓室という部屋があり、耳管という管によって、咽頭(のど)とつながっています。耳管は普段は閉じていますが、嚥下(つば、食事などを飲み込むこと)により開いて、外耳道と鼓室の圧を調整する働きがあります。もう一つ、内耳には、半規管など体のバランスを取る(平衡感覚)働きをしている部分もあります。

耳の解剖

滲出性中耳炎

急性化膿性中耳炎

突発性難聴

メニエール病

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の治療法

急性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎

口蓋扁桃肥大、アデノイド

急性扁桃炎

急性喉頭炎

かぜ症候群

インフルエンザ

休診のお知らせ

12月13日(水)、12月29日(金)〜1月3日(水)、1月27日(土) は休診日です。

当番医のお知らせ

12月10日(日) は当番医です。